平成30年度 函館市医師会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 14 37 50 126 210 461 800 670 193
【集計方法】
 平成30年4月から平成31年3月に退院した患者さんを対象にして
 入院した時点の年齢を10歳間隔で集計した人数です。

【解説】
 当院は地域医療支援病院として、函館市の医療連携の中心的役割を果たす
 よう努めております。高齢化が進んでいるため、60歳以上の患者様が8割を
 占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012XXX99XX0X 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし 20 1.7 5.86 5.0 49.2
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし 16 2.3 5.10 0.0 65.0
050140XX99X00X 高血圧性疾患 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - - - -
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - - - -
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - - - -
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040XX99X60X 直腸肛門の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン等(6) 副傷病なし 27 5.4 4.33 0.0 77.8
060035XX99X60X 結腸の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン(6) 副傷病なし 20 5.0 4.41 0.0 67.8
060020XX99X6XX 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置2:ハーセプチン(6) 15 5.7 5.95 0.0 80.7
060190XX99X0XX 虚血性腸炎 手術なし 処置2なし 15 10.1 8.93 6.6 68.9
060335XX99X00X 胆嚢炎等 手術なし 処置2なし 副傷病なし 15 23.0 10.72 6.6 80.5
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 101 5.5 4.47 2.0 73.2
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 86 3.0 3.01 1.0 70.2
050130XX99000X 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 47 24.4 17.66 0.0 83.8
050170XX03000X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 41 7.5 5.5 0.0 72.6
050210XX97000X 徐脈性不整脈 その他の手術 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 22 15.0 11.01 0.0 80.8
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035XX99X60X 結腸の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン(6) 副傷病なし 72 3.8 4.41 0.0 74.2
060040XX99X60X 直腸肛門の悪性腫瘍 手術なし 処置2:アバスチン(6) 副傷病なし 47 3.0 4.33 0.0 80.5
060035XX99X50X 結腸の悪性腫瘍 手術なし 処置2:エルプラット(5) 副傷病なし 42 3.8 4.27 0.0 74.4
060160X001XXXX 鼠径ヘルニア 15歳以上 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 41 8.9 4.96 0.0 68.9
060040XX99X50X 直腸肛門の悪性腫瘍 手術なし 処置2:エルプラット(5) 副傷病なし 34 4.6 4.31 0.0 76.3
リハビリ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499X002 肺炎等 15歳未満または市中肺炎 75歳以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし A-DROP(2) - - - - -
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - - - -
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - - - -
0400801499X001 肺炎等 15歳未満または市中肺炎 75歳以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし A-DROP(1) - - - - -
0400801499X003 肺炎等 15歳未満または市中肺炎 75歳以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし A-DROP(3) - - - - -
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050XX97X0XX 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし - - - - -
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010155XXXXX20X 運動ニューロン疾患等 処置2:ラジカット(2) - - - - -
010160XX99X10X パーキンソン病 手術なし 処置2:SPECT等 副傷病なし - - - - -
010160XX99X00X パーキンソン病 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - - - -
030400XX99XXXX 前庭機能障害 手術なし - - - - -
010155XXXXX00X 運動ニューロン疾患等 処置2なし 副傷病なし - - - - -
糖尿病・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070XX99X000 2型糖尿病末梢循環不全なし 手術なし 処置2なし 副傷病なし 85歳未満 111 14.7 11.05 0.0 62.1
100070XX99X100 2型糖尿病末梢循環不全なし 手術なし 処置2:インスリン注射(1) 副傷病なし 85歳未満 89 17.3 13.90 0.0 64.5
100070XX99X001 2型糖尿病(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 副傷病なし 85歳以上 - - - - -
10060XX99X100 1型糖尿病(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2:インスリン製剤(注射薬に限る)(1) 副傷病なし 85歳未 - - - - -
100070XX99X101 2型糖尿病(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2:インスリン製剤(注射薬に限る)(1) 副傷病なし 85歳以 - - - - -
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷 手術なし 副傷病なし 19 40.5 19.61 5.0 80.9
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 - - - - -
160800XX99XX0X 股関節・大腿近位の骨折 手術なし 副傷病なし - - - - -
160820XX97XXXX 膝関節周辺の骨折・脱臼 その他の手 - - - - -
160980XX99X0XX 骨盤損傷 手術なし 処置2なし - - - - -
外科肛門科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 97 2.3 2.67 0 65.7
【集計方法】
 DPC様式1のデータとDファイルを基に、平成30年4月から平成31年3月までのDPC病棟退院患者を抽出
  ・入院中の転科については、最終診療科で計上
  ・入院中に最病が変わった場合は、退院時に決定された病名で計上
  ・同じ疾患で入退院を繰り返した場合は、退院ごとに件数を計上
  ※10件未満については「-」で表示

【解説】
 DPCコードとは「診断群分類」とも呼ばれ、入院期間中に医療資源を最も投入した病名(最病)と
 手術などの治療内容によって決まる分類コードです。医療費の計算や統計に用いられています。
 診療科別症例数は、それぞれの診療科がどのような疾患を多く診ているかが分かります。
 また、当院の平均入院日数と全国平均の比較は、当院が効率的に診療を行っているか
 どうかの一つの目安になります。

 内科は救急を担当しています。
 「尿管結石」による腹痛や「めまい」で緊急受診される方が多くいらっしゃいます。

 消化器科や外科は大腸癌や直腸癌の手術症例患者が多く、術後の化学療法を必要とする
 患者様が多く(繰り返し)入院しています。

 循環器科は狭心症や心筋梗塞の患者様で、カテーテルによる検査や治療が多く行われています。
 また、下肢閉塞性動脈疾患のカテーテル治療も多く行われています。

 糖尿病代謝内科は、非常に多くの糖尿病患者様が入院しており、当院の特徴の一つでもあります。

 外科肛門科は、内視鏡による大腸ポリープの切除を行っています。

 リハビリ科や脳神経内科は、DPC対象病棟以外に入院される患者様が多いため
 件数は少なくなっていますが、神経難病の患者様やリハビリを必要とする患者様が
 入院されています。

 整形外科は平成29年から新設された診療科です。
 腰椎の圧迫骨折や四肢の骨折の患者様が多く入院されています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 28 - 11 1 7
大腸癌 - 59 82 92 - 158 1 7
乳癌 - - - - - 17 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - 15 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【集計方法】
 平成30年4月から31年3月の一般病棟を退院した患者のうち、医療資源を最も投入した病名
 が5大癌の患者数です。
(期間中に同じ患者さんが同じ癌で入退院を繰り返した場合は、その回数分で計上)
 ・医療資源を最も投入した病名が疑いの場合は計上していません
 ・病期分類が「0」のものは計上していません
 ・病期分類はUICC病期分類に基づいています
 ※10件未満については「-」で表示

【解説】
 病期分類は、数字が大きいほど癌が進行していることを表します。
 大腸癌・直腸癌の患者数が最も多くなています。胃癌の患者数が2番目に多くなっています。
 当院では、消化器系癌や乳癌の手術治療、抗がん剤治療など行っています。
 また、肝癌に対してカテーテル治療や焼灼手術を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 9 12.6 58.0
中等症 75 25.9 81.2
重症 19 34.5 89.4
超重症 2 2.0 96.0
不明 0 0.0 0.0
【集計方法及び定義】
 平成30年4月から平成31年3月のDPC病棟を退院した患者で
 最も医療資源を投入した病名のICDコードが肺炎(J13~J18)の患者
 7日以内の再入院については1入院として計算
 肺炎で入退院を繰り返した場合は、退院ごとに件数を計上

 重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPスコア)により
 分類しており、以下の項目により判定しております。

 1.男性70歳以上、女性75歳以上
 2.BUN≧21 または脱水
 3.酸素飽和度≦90%
 4.肺炎に由来する意識障害
 5.収縮期血圧≦90mmHG

 補足1:BUNは血液検査で、腎機能や脱水症の診断などに用いられます。
 補足2:酸素飽和度は血液中にどのくらい酸素が含まれているか示します。正常値は96~98%です。

 軽症  :上記項目のいずれも満たさない
 中等症:上記項目の1~2項目に該当する
 重症  :上記項目の3項目に該当する
 超重症:上記項目の4項目以上該当する
 不明  :上記項目のうち1つでも不明があった場合

【解説】
 中等症の症例数が最も多くなっています。
 重症度が上がるほど平均年齢、平均在院日数が長くなっています。
 つまり、年齢が上がるほど重症化しやすいとも言えます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 17 26.4 79.0 6.0
【定義】
 平成30年4月1日から平成31年3月31日までにDPC病棟退院した患者で
 最も医療資源を投入した病名のICDコードが上記の患者数を計上しています。
 ※疑いで入院した患者を含んでいます。
 ※上記ICDコードで再入院した場合は入院ごとに件数を計上しています。

【解説】
 当院には脳疾患の診療科がないため、患者数は多くありません。
 本来は「発症3日以内」と「その他」に分けて集計しますが、
 件数が少ないため合わせて集計しています。

 症状があって入院し検査の結果診断が付かなかった患者さんが
 数名いるため、平均在院日数が短くなっています。その患者さんを除くと、
 平均在院日数は40日程度になります。
 入院中に発症したケースもあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 19 4.0 33.4 0.0 71.5
K654 内視鏡的消化管止血術 10 1.8 8.1 0.0 66.6
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 108 5.9 5.4 0.9 74.5
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 49 5.1 8.1 2.0 73.6
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 20 2.1 6.3 5.0 73.4
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 19 1.0 16.8 0.0 67.9
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 14 5.4 13.4 0.0 82.9
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 40 15.7 29.8 0.0 74.3
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 31 15.6 8.9 0.0 66.6
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 29 3.7 5.6 0.0 65.0
K4611 甲状腺部分切除術,甲状腺腫摘出術(片葉のみの場合) 15 3.7 7.0 0.0 54.9
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 12 4.3 7.0 0.0 78.3
外科肛門科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 83 1.3 2.1 0.0 66.6
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 17 1.2 2.2 0.0 66.1
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 10 25.6 53.3 10.0 86.2
【集計方法】
 平成30年4月から平成31年3月でDPC病棟を退院した患者で手術を施行した件数
 を診療科で集計。
 (同一入院で異なる手術を行った場合は主たる手術のみで集計)
 ※輸血や軽微な手術は除外しています。
 ※術前日数、術後日数はともに手術日を含んでいません。

【解説】
 外科は、腹腔鏡による手術が多くなっています。
 また、甲状腺の手術が多く、当院の特徴の一つです。
 消化器は、肝癌に対する治療が上位となっていますが、
 内視鏡による消化管出血や胆道系の手術も行っています。
 循環器は、冠動脈ステント留置術、下肢の血管拡張術を多く行っています。
 整形外科は、骨折観血的手術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.04
異なる 2 0.08
180010 敗血症 同一 6 0.23
異なる 2 0.08
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 6 0.23
異なる 0 0.00
【集計方法】
 最も医療資源を投入した病名と入院契機となった病名(DPC6桁レベル)が
 同じ場合を「同一」としています。

【解説】
 手術・処置等の合併症では、
  埋め込み中心静脈注射用のカテーテルの感染 1件
  以前の手術の縫合糸膿瘍 1件
  人工透析シャント狭窄 3件
  膝蓋骨骨折手術後の感染 1件
 があります。
 全て予定入院の患者さんです。
更新履歴
2019/10/01
平成30年度分データ公開